糖鎖科学名古屋拠点

HOMEお問い合わせサイトマップ

糖鎖科学名古屋拠点とは

概 要

 ヒトゲノム配列の解読がほぼ終了し、ポストゲノムとしてのプロテオーム時代が進行している。次に問題にされるのはタンパク質の翻訳後修飾、とりわけ糖鎖の付加である。糖鎖の付加は、最終産物であるタンパク質の生体内での機能を考える上で極めて重要である。近年、これらの糖鎖はそれ自体が生体内シグナルとして働き、あるいはまたその坦体となるタンパク質の機能を調節する役割をもつことが次々と明らかにされてきている。これまで困難とされてきた生体内の糖鎖の働きを分子レベルで解明する手段が整ったことにより、タンパク質や核酸の研究では見えてこなかった新しい生命の調節の仕組みが明らかにされ始めている。さらにその研究成果をもとに、新たな産業基盤を構築できる可能性が見えてきたことも大きい。

 我が国の糖鎖科学研究を飛躍的に発展させるためのコンソーシアム構想の一環として「糖鎖科学名古屋拠点」を提案したい。我が国の糖鎖科学研究は国際的にも欧米を凌いで世界をリードしてきた。とりわけ、名古屋市を中心とするこの地域は、我が国を代表する糖鎖研究者が多数集結している糖鎖研究のメッカであり、プロテオグリカン、糖タンパク質・糖脂質といった複合糖質全般について幅広く先端的な研究が行われている。また、構造解析、化学合成、生物学的機能解析、生体材料への展開、医学、薬学上の応用といったそれぞれの領域のエキスパートをそろえている。とりわけ、プロテオグリカンについての研究では長年に渡って、世界のセンターとして機能してきた。関連する硫酸化糖質の分野では、免疫生化学、化学合成、分子生物学の第一線研究者の見事なチームワークにより、リンパ球の移動を制御する重要なシグナル(L-セレクチンリガンド)の解明と再構成に成功したことが記憶に新しい。

 

 糖鎖研究は、理学、工学、農学、薬学、医学などの幅広い分野にまたがって、化学と生物学とが融合しながら発展してきたことに特徴があり、異分野との情報交換とそれに伴う研究交流がきわめて重要である。糖う科学研究はんきゅうはく 糖鎖科学名古屋拠点は研究者間のネットワークをさらに強化し、それぞれの研究を大きく展開させ、次代を担う若手研究者を養成するとともに、この成果を産業界に展開させて、新たな産業基盤の構築を目指そうとするものである。

2002年5月