お知らせ/公開実験講座

名古屋大学生物機能開発利用研究センター
公開実験講座・2013
バイオサイエンス・バイオテクノロジーを体験する

名古屋大学生物機能開発利用研究センターでは、公開実験講座2013「バイオサイエンス・バイオテクノロジーを体験する」を以下の要領で開講します。最先端かつ魅力的な課題の実験コース群を受講することによって、現代生物学についての知識を身につけてもらおうとの趣旨からはじめられた公開実験講座です。社会人から高校生以上の学生さんまで、興味と意欲があれば誰でも応募できます!

コースの内容は以下の通りです。

コース
①魚を使って生物学を学ぼう
小型淡水魚であるメダカとゼブラフィッシュを用いて生物学を学びます。
②自分の遺伝子を見てみよう
テクノロジーの進歩によって、個人のDNAを簡便に検出することができるようになりました。
本実験では、自分のDNAを抽出して、どんな特徴があるか調べてみます。
③コメの食味とDNA
みなさんは、どの品種のコメがお好みですか?コメは品種によって食味が異なります。
今回の公開講座では、私たちが普段食べているコメの食味についてDNAレベルで見てみます。
特別セミナー(最終日:15:00〜15:30)
「過酷な環境を突破する植物とその利用」 高次生体分子機能研究分野・教授 芦苅基行
日 時 : 平成25年8月3日(土)~8月4日(日) 10時~16時
場 所 : 名古屋大学生物機能開発利用研究センター
受講料 : 2,500円
対象者 : 社会人、学生(高校生以上)合計15人:2日間出席可能な方
(応募多数の場合は抽選により受講者約15名を決定し、7月上旬頃に通知)
申込方法: 返送先を記入した往復はがきに、氏名(ふりがな)・年齢・性別・職業(学生の場合は学校名・学年)・住所・電話番号(自宅・携帯)、受講を希望する順にコースを記入(但し、抽選により1コースのみ受講)、本コースを何で知ったか?(インターネット、ポスター等)をご記入の上、下記宛にお送り下さい。
申込締切: 7月1日(月)当日消印有効(申込者多数の場合には抽選により受講者約15名を決定し、7月上旬頃に通知します)
申込先 : 名古屋大学生物機能開発利用研究センター 公開実験講座2013係
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 TEL:052-789-5838 (9:00-16:00)

主催:名古屋大学生物機能開発利用研究センター
共催:新学術領域研究「大地環境変動に対する植物の生存・成長突破力の分子的統合解析」

ページの先頭へ